プロフィール

日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ

Author:日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

le climat topicus ル・クリマ 徒然草
食材の入荷情報をはじめ、旅先や日常からの見聞録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原産「地カツオ」
魚が少ない。
毎年この季節、相模湾は
魚が少ない。
なので
例年は常磐ものから
一部仕入れるのだが
今年は恐くて使えない。
知りませんでしたでは
牛肉の二の舞になってしまう。

カツオも小田原地物。
その他はタカベ。
朝どれのタカベは旨い。
その他は
江戸前穴子
愛知天然ウナギ
大分鱧

ナガモノ

大間からはオニカサゴ

石狩からはウニ
もちろん殻いり
スポンサーサイト
鹿児島産「緑竹」
りょくちく入荷。

夏の筍
梨のような食感の
アクのない筍

魚は
小田原地物は
太刀魚、小ムツなど

仙崎からはアオハタ

などその他。
北海道産「サメガレイ」
しかも、活け〆

見かけはグロテスクである。美味しいそうには見えない。
しかし、本当は上品な脂にを身に纏う美味しい魚。

見かけによらないとは
まさにこいつのこと。

小田原の市場では
知らない人が多く
この見かけのせいで
値がつかない。

築地ではそれなりの
値段ですが
安く買えました。
いや、買い叩きました。
( ̄▽ ̄)b
台風の後は
小魚がいっぱい

流されて網に入ってしまうんだな。
かたや
全国的に漁が出来ていないので
知名度のある魚は高い。

その隙間を縫って
あまり知られていない美味しい小魚と
普段高くて皆の目がいかない魚を
安く買いました( ̄▽ ̄)b
アイスランド産「ナガスクジラ」
クジラ入荷。
しかもナガスクジラ
尾の身といきたいとこだが値段が合わず断念。
脂身。赤身と脂が交錯してるとこ。
小田原朝どれ太刀魚

ばかに出来ないのが小太刀魚。
なりは小さいが味は濃い。
同じく
琵琶湖の天然稚アユ。
五センチ位だけれども
味はしっかり鮎

同じく小さいこんなものも
ドラゴンフルーツの小さな未成熟の実。(写真)
癖になりそうな味

仙崎産「アオハタ(キハタ)」
仙崎からアオハタ
(関東市場ではキハタと呼ばれることが多い)
アオハタなのにキハタと呼ばれるのは
見た目は黄色いから。
海で泳いでいる時はそうでもないのでしょう。
その他、地方名はまさに色々。

その他、同じく仙崎から
シロイカ(関東ではアカイカ)
標準和名は剣先イカ

青、黄、白、赤…

ややこしい。

今度、魚で12色揃えるか。
小田原「トゴットメバル」
型のいいトゴットメバル。この位、太っているやつはあまり見ないな。

ハム太郎と間違えそうな名前だが漢字にすると
「戸毎目張」

その他、本日も鰆がとれる鮮度抜群。

あとはカマス、オコゼ、サザエなど

今日は小田原地物ばかり

今日はいろいろ欲しいものがあったが
予約状況を鑑みて
控えめに買う

美味しいもの、珍しいものが食べたい方は
是非、ご予約を。
お客さまの〓を思い浮かべながら仕入れています。
小田原朝どれ鰆
小田原で鰆が揚がる。
型もいい。
岡山出身の私として
見逃せない。

その他、
小田原地物は小太刀魚

琵琶湖天然稚アユ

大間からは引き続き
活け〆オコゼ

揚げ物ネタばかりだなあ
室蘭産「生シシャモ」
北海道から生シシャモ。
もちろん本物です。

青森大間から
オコゼ、オニカサゴ

小田原地物は
カマス、鯖

仙崎からシロイカ
舞鶴はサザエ

愛知の天然ウナギも
好調入荷中。
江ノ島産「ナガラミ」
ナガラミなんて…

そんなことはない
「湘南ナガラミ」
身質が違う

室蘭から生シシャモ

青森大間からオコゼ

土佐沖からは
極上ハマダイ(オナガダイ)
などなど


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。