プロフィール

日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ

Author:日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

le climat topicus ル・クリマ 徒然草
食材の入荷情報をはじめ、旅先や日常からの見聞録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原産「エボダイ」
エボダイと聞くと
干物を連想する方が
多いでしょうが

朝どれのエボダイの刺身は非常に美味い。
なかなか食べられる機会はないでしょうが
もし、そういう機会に恵まれたら是非試してください。
何処で食べられるか?

東京なら
ル・クリマかなあ。
スポンサーサイト
京都舞鶴産「天然真牡蠣」
前回は同じ舞鶴から岩ガキだったが
今回は超稀少!
「天然の真牡蠣」入荷。

世の中に出回るほぼ全ての牡蠣は養殖。天然ものは珍しい。
どきどき、養殖棚の海底の底ざらいをして
棚から落ちた半天然?の牡蠣が出荷されるときがあるが今回は純天然!
鹿児島産「早堀り筍」
毎年11月には鹿児島から早堀り筍が始まる。
それから、筍前線は春に向けて北上する。
出始めは稀少もあり
高値だが
落ち着いたので入荷しました。
冬になる前に春の筍。
小田原産活け「ホウボウ」
名前もそうだが、容姿も変わった魚。
蝶のようなキレイな胸鰭を持ち、捕食するときは海底を歩くように泳ぐ。

日本料理は勿論、フレンチ、イタリアンでもよく登場するこれから寒い時期に美味しい魚。

20㎝位のものが多く出回るが50㎝アップになると
グンと値が上がる。
上品なクセのない旨みのある白身なので使い易い。

今日は小田原は豊漁。
数多くの魚種と漁獲だったので安く買えた。
言ってみるもんだね。

因みにこの魚、鳴くんです。ボーボーと。
浮き袋からの音で
名前の由来になったとか。
昔、魚屋で修行していたとき、道路工場なので散水するプラスチックのタンクを生け簀代わりに車に積んで活きたホウボウを大量に運んでました。

車が動き始めるとと、大量のホウボウが鳴き出し
タンクが共鳴する。

何かへんな動物でも運んでいるのか?と錯覚する。

ウソのような本当の話。
小田原産「太刀魚」と「ウマヅラ」
全国的に時化。
風が強い。

風が強いと浅瀬にいる
平べったい魚は流される。そして、定着網に入ってしまう。
風が強い翌日は小さいカワハギなどが多い。

しかし、やはり時化ると全体的には水揚げ量は少ない。
今日は流された平べったい魚は
太刀魚とウマヅラ

でも、どちらも肥えている型はいい。
仙崎産「ウチワエビ」
久しぶりに入荷。

当店にご来店の方は
よくご存じでしょうが
じつは、東京では
あまり流通していない。
西日本では
わりとポピュラー?な海老なのだが。
名前の通り、頭部が平べったい。
味はというと、甘みも強く旨みもある。
数ある海老の中でも
美味しいランキングがあれば上位でしょう。

あと、サクラエビも
入荷しています。
ボージョレ・ヌーヴォー解禁
もう飲まれましたか?

本日、ヌーヴォー解禁。

今年も自然派ワインから
3種用意しました。

ご来店お待ちしています。
尚、誠に勝手ながら
本日のランチタイムは店内撮影のため
お休みさせて頂きます。

ディナータイムでお待ちしています。
13周年
今年の春に移転はありましたが、
おかげさまで今日で
13周年を迎えました。
ひとえに皆様のお陰です。本当にありがとうございます。
これからも精進いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
佐賀有明産「コハダ」
江戸前寿司の職人にとって「コハダ」ほどこだわる魚はないだろう。コハダの稚魚の「シンコ」にいたってはかなり狂気じみている。
近年、漁獲量は激減し
江戸前はほぼ壊滅的。

それでも寿司職人は産地にこだわる。
昔は東京から離れた有明のものは一流の職人は選ばなかった。が、流通の形態が変わりつつある今日では
航空便で出荷するものも増え、きちんと手当てした最良の有明産「コハダ」が 手に入る。他の産地が漁獲量が少ないこともあり
いまでは有明産のものは一流店で扱われる。

昨日は日曜だが
漁があったので
航空便ではこべば
月曜の昼には「ル・クリマ」にあるわけだ。

追記として
近年、シンコの時期が大幅に変わり旬が特定出来ない。
下関産活「オコゼ」
西日本を代表する美味い魚といえば虎魚(オコゼ)

漁獲量が少ないわりには
認知度は高い。
ご存じの通り、
その武骨な姿とはウラハラな味わいに人気も高い。

美しい花にはトゲがある。美味い魚は毒がある。

こいつはトゲに毒がある。
松葉蟹
松葉蟹解禁。

でも、まだ買わない。
週末の値次第。

ご存じの通り
松葉蟹は山陰で獲られる
「ズワイガニ」のこと
越前で獲られるズワイガニは「越前ガニ」
その他北海道などでは
「ズワイガニ」のまま。

東京市場には
やはり北からのものが多く松葉蟹の入荷量は少ないよう。大阪が近いからね。
ということは
蟹道楽の看板は松葉蟹ということか?

余談だが
越前で水揚げされても
越前ガニと呼ばないもしくは呼べないものもある。
詳しくは来店のおり。
舞鶴産「岩牡蠣」
週末、天下市開催中に店頭販売にご来店頂いたお客さま、本当にありがとうございました。

さて、今週はじめは
京都舞鶴から「岩牡蠣」が入荷。
冬は真牡蠣、
夏は岩牡蠣、と
相場は決まっていますが
極々一部に冬の岩牡蠣が流通する(流通するというほどないが)

舞鶴湾は水質がよく
京都丹後の山々から流れでた河川を通し植物性プランクトンが豊富。
そんな中で育つ岩牡蠣は
身入りがいい。

是非、稀少な冬の岩牡蠣をご賞味ください。
天下市
天下市開催に合わせて

ル・クリマ店舗前で

真鶴産「サザエの香草焼」と
ハンガリー国家遺産のマンガリッツア豚の
「きのこ豚汁」を
販売しています。
お知らせ
4日~6日天下市、市民祭り開催中、店舗前にて
生ビール(ガージェリーエステラ)を販売します。
大学通りの緑の中で味わうビールは格別でしょう。
それに合わせて
人気の「サザエの香草焼」も提供予定。

尚、開催中のランチは
申し訳ありませんがお休みさせていただきます。

天気も良さそうなので
是非、お店まで
散歩がてらお越しください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。