プロフィール

Author:日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

le climat topicus ル・クリマ 徒然草
食材の入荷情報をはじめ、旅先や日常からの見聞録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原産活け「的鯛」
久しぶりに的鯛が入荷。
いい肝もっています。
この魚は何故か徳島あたりでは人気の魚。
そして、フランスでも人気の魚。
フランスではサン・ピエールと呼ばれる。
詳しいことは
ル・クリマのホームページのトピックスのバックナンバー2006年まで
http://www.climat/2006.html
スポンサーサイト
小田原産活け「ホウボウ」
以前にも紹介した
鳴く魚「ホウボウ」
やっと買えた。
少し前から獲れていたのだが値が合わず見送っていた。刺身よし焼く、煮るなんでもOK。
その他、
青森大間から
オコゼ
マツカワカレイ
オニカサゴ

下田須崎から金目鯛
小田原は活け鮟鱇。

等々。
流石に
この寒波で、魚は少ない。春を僅かにかぎとった魚も逆戻り。
そんな中、集めたものは

川奈沖 金目鯛
紀州産 太刀魚
小田原産 活け鮟鱇
小田原産 活けウチワエビ

等々 その他少しずつ
小田原産「アオリイカ」
小田原でわずかにアオリイカが獲れ始めた。
通常は深場に生息し、春から産卵のため浅いところに上がってくる。
もしかしたら今年の春は予想より早いかもよ。

味はというと旨い。そして甘い。
一般的に流通しているものは、残念ながらアジアからの冷凍輸入もの。
是非、獲れたての透き通るアオリイカをお試しください。
函館産「本マス」
まだ一月というのに
本マス(サクラマス)漁が
始まった。
今週はじめから出ていたがが、始めは値が高いので遠慮していた。
値も落ち着いたので
買わして頂きました。
(明日、市場休みなのでまた投げてきた)( ̄▽ ̄)b

その他、珍しく小田原で
ウチワエビが獲れた。
三尾だけだけど。
その三尾ともル・クリマに。
それから、航空便で
鹿児島から「ヤガラ」

美味しいものはル・クリマに集まる仕組み( ̄▽ ̄)b
兵庫香住産「活け松葉蟹」
山陰海岸 香住から 松葉蟹。
今週はどこも旅館、飲食店は静かなようで、市場も静か。
ものが売れなく蟹も投げてきた(競り値がつかず利益なしで売ること)
安く買えた。

同じく、境港の天然ブリも底値。ランチでもお出しします。今がチャンス!

美味しいものも高いとつまらないからね。
川奈沖「金目鯛」
金目鯛の漁獲量が少し増えた。
しかし、その中でもいい個体は少ない。
小田原の早川港には
需要があるため
伊豆各地の金目鯛が入る。下田、稲取、大島や
三浦半島からも。
そして、川奈沖の漁場で操業する金目船が入港する。中でも、「一心丸」「会津丸」の二船がが獲ってくる金目鯛は
小田原市場ではブランド扱い。
やはりテリトリーがあるのだろう。この船が操業する漁場は豊かということだ。今日の金目鯛は
「会津丸」のもの。
まだ赤みが出る前の鮮度!
長崎産「マナガツオ」
小田原はこの寒さで
依然として魚が少ない。
そんな中、航空便で
貴重な魚が九州から届く。長崎産「真名鰹」
以前にもお話ししましたが「マナガツオ」と言っても「鰹」ではない。
白身のしっとりとした身の旨みはお見事。
日本料理屋でも冷凍ものが使われる今、お刺身でいただけるマナガツオは稀少。とくに東京ではね。
兵庫県香住産「セイコガ二」
この寒さで海水温度の低下と月明かりの影響で
小田原の定置網には魚がはいっていない。

そんな中、香住からセイコガニ(ズワイガニの雌)が届く。お待たせしました。
小さな体にいっぱいの卵を抱えたその姿と味に香箱蟹とも言われる。
日本海の香りを箱(殻)に詰めてということやね。

その他は
境港から天然活け〆ブリ

川奈沖金目鯛

大間からは活け〆真鱈オス
小田原産「真鯖」
小田原で年明けから
鯖が獲れている。
凄く獲れているわけではないが。
すぐいなくなるかと思っていたが続いている。
寒い時期だけあって身質も良い。たぶんすぐいなくなるから今のうち。
獲れたての鯖は旨いよ。
あなどるなかれ。
冬らしい仕入れ
今日の仕入れは冬らしい。しかし、寒いですね。

まずは小田原地物は
活けカサゴ、鯖、スルメイカ。
真鶴は活けヒラスズキ。

北海道函館から活け〆真鱈オス。
境港から活け〆天然ブリ

全て上物。
新年、本日より営業
今年も皆様に喜んで頂けますよう、一生懸命励みます。
今年はじめは
小田原産活け鮟鱇

よく東京の市場だと生け簀に長い間、生かしこんだ
肝も黒ずんだ鮟鱇を見かけます。生きているだけで喜ぶ店や客がいるからね。

そんな鮟鱇とは違う
獲れたばかりの活きた
鮟鱇。
スープにします。
活きた鮟鱇は臭みもないので水だけで煮込みます。
余計なものはいらない。
明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の営業は6日からとなります。
皆様のご来店を心からお待ちしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。