プロフィール

Author:日本フランス料理 壺中天地 ル・クリマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

le climat topicus ル・クリマ 徒然草
食材の入荷情報をはじめ、旅先や日常からの見聞録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎産「のどぐろ」
小田原ではわりと魚は獲れている。
しかし、小田原周辺の
旅館、ホテルや料理屋は
静かみたい。
なので、魚が余りぎみ。
当然、値がつかない。
高級魚はとくにそう。
使えるお店は限られるからね。
というわけで、
活けのイサキ、鯵も安く買えた。
そして、長崎からの「のどぐろ」も値がつかない。
いや、売れない。
私がもらいましょう
( ̄▽ ̄)b
スポンサーサイト
小田原産朝どれ「ジンタ」
小さい鯵を豆アジとかジンタと呼ぶ。
今日のジンタは
本当に豆アジ。体長3㎝ 位。
このサイズなら唐揚げにしても骨は全く気にならない。
大人の鯵も久々に入荷。
アメリカ産活け天然「鰻」
鰻が不足し価格高騰しているなか、アメリカ産の天然鰻がひそかに注目を浴びている。
様々な水産会社がサンプルで輸入を開始した。
これは試してみなくてはならない。
というわけで
ル・クリマにも入荷。
次はあるのかわからない。国産天然鰻も
随時入荷。
仙崎産「キジハタ」
ハタは種類が多く
色合いも同じ種でも獲れる場所や個体差によって様々なので
種を判断するのは難しい。そして、地方名があまりにも多くあるので
これまた厄介。

ちなみに
標準和名「キジハタ」はアズキハタやアカミズなどと呼ばれる。
関西の「夏のフグ」と言われる「アコウの薄づくり」はこの魚。
超高級魚。

名前はどうにかなんないのか?

テレビなんかで
「幻の魚!」なんていっている旅番組やグルメ番組などを見て
「こんなの食べたことがないとか」いっている
お客様。
けっこういろいろ食べています、ル・クリマで。
知らないうちに。
紀州産活け「鱧」
鱧が始まった。
もうそんな季節。

それにしても
今年は魚が少ない。

今日はとくに

日食の影響か?

そして、今日からル・クリマも新体制です
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
明日で
スタッフの細田が卒業します。
月曜日から新体制

そんな日の仕入れは

小田原 活けカマス、活け鯖
稲取 金目鯛

北海道 特大シャコ、ホタテ貝

桜エビ、サザエ、蝦夷アワビなども入荷。
焼津産上物「真鯵」

30㎝級活け〆真鯵。
小田原ではなかなかいないね。このサイズ。
焼津から入荷。

小田原は活け鯖。
アオリイカなど

富山産「天然岩牡蠣」
富山から岩牡蠣がはやくも入荷。
今年の海は春がなかったなあ。
小田原でも麦いか(スルメイカの小イカ)がとれ始めたが漁獲量は非常に少ない。
その他は
小田原は活けの鬼カサゴ、稲取からは金目鯛、
そして三河のクロムツ。
桑名のハマグリ
など。

そして、ご報告。
今月の20日で
キッチンスタッフの細田が当店を卒業します。
三年半ほどでしたが
皆様によくしていただき
ありがとうございました。
21日からは新体制で挑みます。これからも
皆様に喜んで頂けるよう励みますので、どうぞよろしくお願いいたします。
小田原産活け「ヒラマサ」
ゴールデンウィークもあけ仕入れも通常通り
と、言いたいところだが
地方漁港も今日からなので送りモノ(他の漁港から届くもの)はなく
小田原地物だけ。

あっ、稲取から金目鯛は入荷。
その他は
カマス、鯖、ヒラマサ、鬼カサゴなど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。